プレミアム Lサイズミニバン

多少ならお金を払っても良い。 特別な満足感を得たい、そんなユーザーにはLサイズミニバンがおすすめです。

背の高いクルマやボックスやボックス型キヤビンが一般化した時代のクラウンとも言える存在。 最もスぺース効率に優れる1BOXIPミニバンにして最大級のボディサイズ。キャビンスペースも乗用車では最大級である。

興味深いのは「広さ」の使い方です。 ミニバン系ではスぺース配分を秘載性の向上などの多用途性に向けることも多いが、アル&ヴエルの最大積載量や多用途性は2L級1BOXと同等かそれ以下である。

サードシート格納時の荷室容量はミニバンでもトップクラスだが、汚れを嫌う内装もあって、アウトドアレジャーにで出掛けるような工夫はない。 しかし、サードシートの設えはミニバンでも最も余裕があり、6名で楽しむラウンジとして寛ぎが優先された設計である。

内装の仕立ては同価格帯のセダン系に及ばないが、各席間のスペースの広さを利用した寛ぎの機能や演出も備わり、最上級クラスをどのシートでも実感できます。 パワートレーンはガソリンの4気筒と6気筒、4気筒ハイブリッドの3タイプ。

V6には重質なエンジンフィールとパワーがあり、時代の先端を行く2.5Lのハイブリッドは電動後輪駆動と組み合わせる4WDを採用。 E-FOURと呼ばれるこのシステムは、前後2つのモーターを使用して、動力的にもプレミアムクラスに十分なスぺックを備えている。

走行性能や快適性は高級セダンには及びませんが、広い室内や、高いアイポイントの解放感と見晴らしはセダンにはないもの。 多人数乗車の機会が減っても選ぷユーザーが少なくないのは、それらがセダン系にはない新しい贅として評価されているからです。 その価値観はもはや特別なものではなくなりつつあります。ヴェルファイア 新車 値引き

アルファード&ヴェルファイア

例えば、はじめてLクラス1BOX型ミニバンに接した時、誰もがまず実感するのが圧倒的な広さ。 同じく寛ぎが売りの高級セダンと比べると、床面積にこそ際立った優位性はありませんが、 贅沢な頭上な頭上スペースのおかげもあり、その解放感は最上レベル。

箱型ミニバンであっても、ヴォクシー等のMクラスではスペースの都合上 3列目にどうしてもしわ寄せがくるため、3列目も快適に乗れるのはLクラスならではです。 さらに注目すべきは2列目キャプテンシート。 クルマの座席とは思えない寛ぎがそこにある。

走行性能を突き詰めれば、剛性面などで1BOX型よりもセダン型が有利なのは事実。 だが、実際に運転してみると高い視点で解放感のある運転感覚には捨てがたい価値がある。 見晴らしがよく周囲を広く見渡せることにより、安心して気分よく走れる。 アルファード 値引き

車両価格

パワートレーン グレード 価格
2500cc X 335万
3500cc SC 494万
3500cc GF 520万

ミニバン

Copyright (C) 2018  プレミアムLサイズミニバン  All Rights Reserved.